FC2ブログ

アンナップでよろしく!(Birthday cake 2)

先日はダンナ様の誕生日だった。

最近彼は冗談みたいなハードスケジュールで、家で食事するのも月に1度か2度。
そんな状態だから、年に1度くらいは手の込んだ大好物を作ってあげたいと思い、パティシエMちゃんに「おフランスの香り漂う、ゴージャスケーキ」を習う事にしたのだ!

その名も、”Bavarois aux trois chocolats”(ババロア・オ・トリス・ショコラ)♪

↑ね、ね、スゴそうでしょ?!(笑)

20060428194005.jpgMちゃんの家には、すごい道具が色々完備されていた。
ゴムべらだけでも5?6本あったのにも感動!

彼女は現在、私達の地元では有名はベーカリーショップでお仕事をしている。
もうすぐ結婚し、数十キロ離れた土地に引っ越してしまうけど、このお菓子作りの腕をそのままにして置くのは本当にもったいない事だと思う。

20060428194027.jpg私に、手書きのレシピを見せ手順を説明し、材料をぱぱっとテーブルに並べるMちゃん。
私は、ただ彼女の言う事を聞いて手を動かすだけ。。。(笑)





最初に一番下に敷く「ビスキュイ生地」を作る。
卵とお砂糖、薄力粉。。。

このビスキュイ生地の余りは、のちのち私とMちゃんの「おやつ」に化けた。
ムース生地をのばしても美味しいし、ジャムを塗っても美味しいし、あんこを塗っても美味しい。。。。ヤバい、絶対太りそう(笑)




ビスキュイ生地を型の中に絞り出す作業。ここで、素人がやってしまう失敗パターンがあるらしい。
Mちゃんに指摘してもらうまで、全然気づかなかったけど、どうやら素人は両手を併せて袋を持ってしまう様なのだ。
アドバイス通りに左手の添え方を変えると、均一にきれいに絞り出す事が出来る。。。。
むむ?。そうか?。こういう所をちょっと変えるだけで、きれいなケーキが作れるのね!



この時点から、私はババロア生地作りに相当集中してしまい、すっかり写真を撮るのを忘れてしまった(涙)

ババロアのベースとして「アングレーズソース」なるものを作った。
カスタードソースをもっとリッチにした様な甘いソース。

このソースを作る時の合い言葉を教えてもらった!!!!

「アンナップでよろしく!」


「アンナップ」とは???
程よいとろみのついた状態なんだそーだ。
木べらについたソースを指でなぞって、「アンナップ」を確かめるMちゃん。

カッコイイ?(≧▽≦)

でも二人とも、正式な仏語がよく解らない(涙)Tore tore先生、おせーて!(笑)

「アンナップ」に出来たアングレーズソースを使ってビターチョコ、ミルクチョコ、そしてホワイトチョコの3種のババロアを順番に作り、一つ出来る毎に冷蔵庫で冷やしていく。。。

20060428203616.jpgビスキュイ生地もババロア生地もふんだんに作ったので、残った生地でなんとミニケーキを3つも作れた♪

最後の仕上げに、「グレーズ」というジェル状の上がけをかける。
「浅田飴」みたいなのを想像して下さい(笑)
濃いコーヒーシロップを作って、グレーズの上にかけ、パテナイフで模様をつける。
難しい!ここで「センス」が問われるのだ。。。。

Mちゃんは「上手!さすが!」とホントに私をいい気分にさせてくれたので、ノリノリでデコレーションする事が出来ますた(笑)


「出来た!」←(ビストロSMAP風でよろしく)

20060428194132.jpg


3層になってるのが解りにくいのが残念だけど、はっきり言って、私が生涯作ったお菓子の中で、一番見栄えも味も何もかも最高!!!

Mちゃん、ホントにあなたはスゴい!
一流のパティシエでもあり、一流の先生だ!
まさに、「ケーキ界の『王貞治』」!!!


20060428194347.jpgその夜、二人で一緒に食べた。
なんと15cmのホールのうち、ダンナ様は1/4を一度に食べてくれた。

やっぱ、美味しいもの作る事って人に喜んでもらえるんだなぁ?と私も感動☆

Mちゃん、やっぱ、プライベートスクールやった方がいい!
私を第1号の生徒にして下され?



The day yesterday before,It was my husband's birthday.

These days,he has been so busy that he can have dinnier only once or twice a month in our house .

Do you think I tell you a joke? No,I'm serious!

So,I wanted to cook his favorite foods on his birthday, and decided to learn "the French gorgeous cake " from patissier M!

The cake which I learned is "Bavarois aux trois chocolats" ,which means "Triple chocolate bavarois"

You know,it must be gorgeus,mustn't it?

In her kitchen, special tools were fully equipped .
I was impressed there were five or six even rubber spatulas !
As for her, she works now in a very popular bakery shop in our hometown.
As she is going to marry soon and move to the city where was dozens of kilos distant, I think that will be really a waste if she, keeping such a special skill doesn't teach someone how to make cakes.

M showed me a recipe of handwriting and explained me a procedure, and prepared quickly those materials on table.

Only things I could do were hearing what she said,and moving my hands...


Making biscuit which was supported to be put as bottom.
Eggs and sugar, flour. . .
The leftover of this biscuit changed itself into my and her " snack" while we made this cake.
It was also very delicious with mousse, with jam, with Japanese bean jam. . . .
Oh! I can get weight easily!


Wringing out a bag full of this dough.
She told me there was a failure pattern that an amateur did.
Though I never noticed it till M pointed it out, an amateur like me puts both hands together.
I could wring out it neatly uniformly when I changed position of my left hand according to her advice. . . .

It is ... mmm. We can make a beautiful cake if we change position of our hands such a little !

From this time, I considerably concentrated on the making of bavarois dough and I completely forgot to take pictures.

I made "anglaise source" for a base of bavarois.
The sweet sauce seems to be like custard source and seems to be more rich than it.
M taught me a keyword when we made this source! ! ! !


"Un Nappe"! ←this is French.

"Un Nappe"???

She told me that it was "a moderate thick condition expected".

M traced the source which stuck to a spatula with her finger, and checked its "Un Nappe".

Cool ...(≧▽≦)

But ,Mr Tore tore , Please teach us correct French"Un Nappe" because we didn't understand even if how to spell !


We made three types of bavarois,bitter chocolate, milk chocolate and white chocolate with anglaise source made "Un Nappe". . . and put into a refrigerator one after another.

As we made biscuit dough and bavarois a lot ,we could make extra three mini-cakes with these.

We put "glaze" on the cake as finishing.

Please imagine "glaze" is like starch syrup.

And make coffee syrup and spread it to make patterns on the glaze with a putty knife.
It was difficult!
It needed "my sense of beauty" .

M was "the left side of the stage"
She said to me " Oh! good job! well done!"
She really made me feel good,and I could decorated the cake pleasantly.

We made it ! (please say "bistro SMAP" style)

Though I was sorry that we couldn't see 3levels inside clearly,
speaking frankly, both a first look and taste are the all best in the cake which I made throughout my life! ! !


M, you are really terrific!
You are the first-class patissier, as well as the first-class teacher!

You are "Sadaharu Oh" in patissier ! !


My husband and I ate this cake together in the evening.
Among whole of this, he ate 1/4!

After all, I really felt that making delicious foods for someone can them happy.

I guess M had better have a private school!
Please allow me to be your first official student ...

Thanks☆
スポンサーサイト



先生失格。( I'm a bad teacher.)

いきなりだけど、私は「アロマスクール」を定期的に開いている「アロマセラピーの先生」のをしている。

「愛の心でトリートメント」に登場するOさんにお世話になって、日本アロマ環境協会認定アドバイザーの資格をとり、月に数回、様々な場所でスクールを開いている。


スクールを開いている場所の中でも、一番長く続けているのは埼玉の行田市。

行田には、私の中学時代からの大切な友人N子が住んでいて、彼女に

「アロマスクールをやってみたいんだけど、誰か興味ありそうな方いるかなぁ?」
と相談してみた事がきっかけになった。
彼女は快く相談に乗ってくれ、周りの方に声をかけてくれた。
初回以来、もう1年半通っている。

この場を借りて、、、

「N子?いつも有難うね?m(__)m」

でも最近パソコン全然見ないって言ってたからなぁ。。。
この記事読んでくれるかなぁ(笑)



06-04-13_10-44.jpg
スクールは月に1回。毎回約10名の方が参加して下さっている。

参加者は、N子の子供が通う、学校でのお母さん仲間の皆さん。

「本当なら、もっと沢山呼びたいんだけど、一緒にランチする場所に困るのよね。。。」と、N子は笑ってくれている。そうそう、スクールの終わった後のランチタイムもとても楽しいのだ。

私のアロマスクールでは、毎回アロマの精油を使ったオリジナルグッズを作成する実習を行っていて、、、


今回は発泡入浴剤

↑あの「花○のバ○」みたいなのを想像して下さい(笑)


作り方は簡単☆。

06-04-13_10-441.jpg
精油(エッセンシャルオイル)5滴

重曹 大さじ2杯

クエン酸 小さじ2杯

コーンスターチ 小さじ2杯

グリセリン 小さじ1/2杯 


最初に粉ものを良く混ぜ、そこに精油とグリセリン(液状の保湿剤)を入れてよく混ぜ、最後にサランラップで茶巾寿司の様に固めれば出来上がり。




し、しかし、、、、、。

私自身が自宅で作った時、グリセリンの量が足りない様な気がして少し量を足した。
作った後、すぐお風呂で使ったから、その行為がどんな意味を持つのかこの時点では予測出来ていなかった!


一人の参加者の方が、材料を混ぜにくかったせいかちょっと多めに量を足した様だった。




そしたら。。。。。。


実習を終えて片付け始めた頃、その方の入浴剤だけサランラップが膨張して破裂しそうになっている!!!!


ヤバい!そうだ!

重曹+クエン酸+水分。。。。。。



泡がたつのは当たり前!膨張するのは当たり前!
このまま膨らんでどうなっちゃうんだろ??!!


他の参加者の方と
「いや?、グリセリンが多かったのかも、、、。とりあえずすぐに使いましょう」
と心配し、安全に持って帰れる様にビニール袋をお渡しした。




その後、、、、次回記事に予定しているランチに行き、私は一足お先にお店を後にした。




数時間後。


N子からメール。


「やっちゃん(注:彼女は私をこう呼んでくれている)が帰った後、とんでも無い事態になったよ。あの後、全員の入浴剤が爆発しそうになってた!!! もう1回家で作り直してみるね?(笑)」




えっ! (  ̄□ ̄;)!!



N子、ごめん!行田の皆さん、ホントにごめんなさい  _| ̄|○


修行が足りない私を許して下さいね??

*************************************************************

I'm a teacher of "Aromatherapy" having an aromatherapy school regularly .

I got a qualification of "Adviser" from "Association of Japanese Aroma environment authorization.
When I got this qualification,I was taken care of by Mrs O appearing in "Aromatherapy treatment".

I have been holding my class in various places several times a month.

Gyoda city in Saitama is the longest continuing place where I have my class.

I consulted with Mrs N ーwho is my important friend from our junior high school days and lives in Gyoda

"I want to "hold an aroma class, do you know whether there are any people who are interested in Aromatherapy ? "
She helped me willingly and called her friends as participants.

That is why,I have been to Gyoda for 1 year and half, since the first time.


On this occasion, I wanna tell her.

"Thanks for your help for me."

But she talked me that recently,she hasn't turned on her PC entirely"
I have no idea whether she read this blog.(><)

A class is held once a month. About 10 participate every time.

Participants are her PTA friends in the school where N's daughter and son go to.

Mrs N told me "To tell the truth, I want to call more a lot, but I guess a lunchtime will be troubled with deciding a place to go together". . . and she laughed.

As a matter of fact,a lunchtime after the class is always very fun.

At this class, I teach how to make the original goods with some essencial oil every time.


The goods in this time was "foaming bath essence."

↑Please imagine that is like "the バ ○ of 花○".

It's very easy to make!

---------------------------------------------------

Five drops of essential oil

2 tablespoons of sodium bicarbonate

2 teaspoons of citric acid

2 teaspoons of cornstarch

1/2 teaspoon of glycerin

---------------------------------------------------

Mix powder materials well first ,and add essential oil and glycerin (humidity retention liquid).

And harden it in saran wrap like a "tyakin-zusi" ーwhat is Japanese traditional food formed by wrapping and twisting with fried egg into a bag shape last.

then,completed !


However.....

When I made it at home, I guessed that quantity of glycerin did not seem to be enough and I added much slightly.
I was not able to predict what this addition caused at this time!
Because I used it immediately in a bath after making it.


One participant added glycerin much since she seemed to have been troubled with mixing materials a bit.

Then....


When we finished class and begun to clear it up, only her bath bath essense was expanding!, and seemed to come to explode! ! ! !

I realized it would be dangerous!

sodium bicarbonate + citric acid + water. . . . . .



It is natural to expand!
It is natural to explode!
I had no idea what I was suppose to do!!

I and other participants said "well..you might add much glycerin ...a bit.you need to use it immediately."
I worried about her, and handed a plastic bag to be able to take it home safely .




Afterward,we went to the lunch that I planned for other article on the next time, and I left the restaurant early.



Several hours later,
I recieved a e-mail from Mrs N .


"Yacchan,(a note:she call me this name) A terrible happening occured after you left!
Bath essense of all the members were becoming to conditions that seemed to explode! ! !  
I'll try to remake it again.


Oh! No!

I must apologize to N and All of participants in Gyoda, I'm really sorry...

Please forgive me who is still green as a teacher...

テーマ : なんてこったい
ジャンル : 日記

Birthday cake

今月末にダンナさまの誕生日を控えている。

1日にピーナッツチョコを一袋食べてしまう程の超甘党である彼に、今年もHappyな誕生日を迎えてもらう為、私はある事を決心した!!!

!!!←3つもつける程の事では無いかもしれないけど、、、、(笑)

それは、プロに習って「ゴージャスなバースデーケーキ」を作る事だ!

先生は、英会話友達のMちゃん。

Mちゃんは、すごい経歴の持ち主である。
OLを辞め、数年前にカナダに渡り、あの "LE CORDON BLEU" のカナダ校での修行を終え、帰国したバリバリのパティシエなのである!


cake←これは、英会話友達とのpot luck partyの時に、Mちゃんが、「ささっと」(笑)作ってきてくれたケーキ。
なんと中は3層になっていた!(スポンジ、ムース、ムース)
はっきり言って、その辺の洋菓子屋よりも遥かにおいしい!

以前Mちゃんの家に遊びに行った時に、当時のノートと教本を見せてもらった。

入学したての頃は、ノートは日本語だらけだが、徐々に英文、仏文が増えている!
英語は少し解っても、仏文は全然理解出来ない!



そして、先生の見本作品と、Mちゃんが作った作品の写真が同時にファイリングされていた。

パイ、ケーキ、ムース、ダコワース、デザートプレート。。。。

すんばらしい、どれをとっても素人はとても真似出来ない様な芸術作品がそこには並んでいる!!!

Mちゃん曰く、
「講義が解りやすくて面白い先生ほど、作品は下手だったりするんですよね。」なんだそーだ。

確かに、、、Mちゃんが「下手」と言った先生の作品は、フランス人とは思えない程「感性から遠のいた」謎めいたデコレーションが為されていたかも知れない。
結構笑える。
その先生のレシピについては、Mちゃんの作品の方が美しかった。

しかし、、、いやいや、ホント芸術なんだよね。お菓子作りって。


以前から、Mちゃんに「お菓子作りを教えて欲しい」とリクエストをしていた。

最初の課題は「プリン」(謎)とリクエストしていたが、Mちゃんがこんな提案をしてくれた。


「プリンなんて、そんな簡単なものじゃなくて、どうせなら一緒じゃなきゃ作れない様な手の込んだケーキなんかどうですか?」

そっか。。。。!

すんばらしい芸術作品の様なケーキを作れば、きっと誕生日は喜んでもらえるに違いなし!

てな訳で、ダンナさまの誕生日当日、私はMちゃん宅にて「芸術作品」を教えてもらう予定になりました。


さてさて、上手く出来るかな。。。。。???


My husband's birthday is at the end of this month.

He is a super person having a sweet tooth as he eat one bag of peanut chocolate in one night!
And I planed a certain surprise happening to make him happy on his birthday in this year! ! !

! ! ! ←There need not to be ! ×3!(smile)

I make up my mind to make "a gorgeous birthday cake" learn from a professional patissier.

A teacher is Ms M who is my friend in English conversation class.

Ms M has a terrific career.
She quit her job as a company emproyee and went to Canada several years ago, and trained herself at "LE CORDON BLEU" in Canada .
Finally,she became a great patissier !

This is the cake which Ms M made easily for a pot luck party with English class friends.

Speaking frankly, I guessed this was much more delicious than cakes sold in the neighborhood confectionerys!
There were three levels inside. (A sponge, a mousse, a mousse)
Of course,it was pretty good.

When I visited her house before, she showed me her notebook and doctrine.

I could see only memo full of Japanese in the page which she wrote in beginning days ,but I could see gradually memo written by English and French for the end of her studying abroad.
Even if I can understand Engilish,I can never understand French !

Many photographs of the work which made by a teacher as a sample were on file as well as works made by Ms M in the .
(pies, cakes, mousse, dessert plates. . . . )


Amazing!
Those were beautiful works that a amateur can hardly make.

Ms M told me "A teacher who does interesting lectures always be poor at a work"

As for the work of the teacher whom M said "he is poor at work" ,it seemed to be the work which does not have a fragment of sensitivity. and it couldn't be the one the French had surely made,too.

I laughed plenty.

As for the recipe of the teacher, a work made by M was more beautiful than the one made by the teacher.

Sure enough, the making of cake is the art surely.

I requested her "I wanted you to teach the making of cake" before.

My first request is "pudding" (a mystery), but Ms M did such a suggestion.

"I guess you can make easily pudding. How about the elaborate cake which you can make hard alone?"

"Oh.....!"

My husbad must be pleased surely on his birthday if I make such a cake like a splendid work of art!

That's why I'm looking forward to learn "a work of art" in M's house on the day of his birthday .

I wonder whether I can make it perfectly or not. . . . ? ? ?


My 四天王 その貳 Kevin Spacey

今日は日本語!(笑)

前回のJude Lawに引き続き、My 四天王シリーズ第2弾!
ケビン・スペイシーについて。。。。

f0096371_21294753.jpg


第2弾にしてしまったけど、雰囲気・演技、全ての面で一番好きな俳優である。

彼を初めて知ったのは「セブン(1995/米)」の時だった。

話の終盤まで、殆ど顔は映らないのだけど、あの映画を見た人誰もが(言い過ぎかな?)ラストシーンでの彼の存在感にビックラこいたのではないかと思う。
で、同時期の話題作「ユージュアル・サスペクツ(1995/米)」を見た。彼はこの作品で、アカデミー助演男優賞をとったが、ほとんど主役としか思えない。

いや?、実は初めてみた時、疲れて途中でうたた寝をしてしまい(!)、最後のどんでん返しの意味がよくわからなくて、一人情けなくビデオをもう1度見直してしまった。

うーん。シネスケの中では相当賛否両論ある映画だけど、私はハマッた自分を素直なヤツだと思う様にした(笑)

「ユージュアル・サスペクツ(1995/米)」に関しては、英会話の先生T氏(英国人)が笑いながら教えてくれた、英国でのオモロい逸話がある。それは又次回以降書くつもり!

その後、アカデミー賞取りまくった「L.A.コンフィデンシャル(1997/米)」で、無情にも話の途中で殺されてしまう知的でカッコいい刑事役の印象がすごく良かったんだよね。
「うっそー、もう出てこないの?ケビン?!」みたいな感じ(笑)

多分この作品で、一番ハマった!「この人の雰囲気、好き!」ってそう感じた。

その後のメジャー作と言うと「交渉人(1998米)」(真下正義じゃないよ)があったんだけど、あれは最初はケビン・スペイシー&シルベスタスタローンの組み合わせだったらしい!
それってどうよ(爆)って感じ。サミュエル・L・ジャクソンでないと、バランスが悪すぎる感じがする!

「交渉人(1998米)の頃は少し今よりスマートだったのかな?
彼の雰囲気、芝居が好きだなーって思って出演作品見まくったけど、「告発弁護人(1991/米)」を見た時に、とんでも無い事実に気がついてしまったのだ!
(  ̄□ ̄;)!!


ケビン・スペイシー looks like せんだみつお

  _| ̄|○
 


困る困る困る困る困る!!
これに気づいている人は私以外にも相当いるはず!


10日程前に「16歳の合衆国(2003/米)」を見た。
彼は今年で御年47才。20年前から結構落ち着いた老け顔(?)だったけど、
最近の作品を見ると、顔と年齢がしっくりくる様になったなぁ、と思う。

「16歳の合衆国(2003/米)」では、知的障害者の男の子を殺害してしまった、男子高校生の父親役。
息子への関心が浅い、孤独な著名作家。「非難されるべき父親像」とも言える、いわば「悪役」を、今まで見た事が無かった雰囲気で演じていた。父親役っていうイメージ、余り無かったからなぁ。。。

叶いそうで無理そうな、私の夢(笑)
ケビン・スペイシーとNYのバーで一緒に飲みたい(爆)
「何で結婚しないの?」とか、色々聞いてみたい(涙)

難易度☆☆☆☆☆。

サクラの舌。(Sashimi of horse's tongue)

I went to drink with Y after seeing cherry blossoms.

She took me her favorite Japanese restraunt which is well-known for fresh seafood dishes and horsemeat dishes and premium Sake.

She recommended me some kind of premium Sake, and we had some dishes to go with Sake.

馬タン
Among these dishes...
The most impressive one was "Sashimi of horse's tongue"!!!

Have you ever eaten it ?
It was the first experience for me !

Tasted fabulous !
I can't say Sashimi of beef can be superior !
Any way, it's beyond description !
I haven't ever eaten such a fantastic dish !

She treated me as birthday celebration on this day.
I thought myself to be lucky utterly.

Thank you for the wonderful night.






お花見の後、Y先輩とお食事する事に、、、。

先輩は、昔からのお気に入りの和食のお店に連れてってくれた。
天然ものの魚介類と、熊本直送の馬刺、そして銘酒で人気の高いお店。

早速、お勧めの日本酒と色々な肴を頂いたのだが、、、。

なんと言っても強烈に美味しかったのは、これ!「馬タンの刺身」!

皆さん食べた事ありますか?私はもちろん初めて。

んもう、美味しいのなんのって!
牛タンの方が美味しいなんて、絶対言わせない!
とにかく、なんて言っていいのか解らないくらいの美味しさ!
こんな食感と味、初めて???(今でも舌が思い出す?)

この日はお誕生日祝いとして、先輩にご馳走になった。(いつもだけど、笑)
つくづく、私って幸せな人だと思う☆

馬刺も鰹もあん肝も、何もかも美味しかったですね?
又美味しい日本酒飲みに連れてって下さい♪ m(__)m

桜の下。(Under cherry blossoms in full bloom)

It was so scenic !

My old friend Y who was senior student in the university we graduated took me the Ueno park where is the most popular sightseeing spot of cherry blossoms in Tokyo.
There are 19kinds , more than 1,200 cherry trees in the park.

cherry bloosom

Most Japanese people really like cherry blossom,
of course so do I.

The park was congested with people.
I didn't know that the day was the next day of the day of full bloom !
As a matter of fact, It was a little bit cold and cloudy.





But, I was quite happy and satisfied,because I could see such splendid scenery of cherry blossoms with my friend who is very important me.




桜!桜!桜!

大学時代の先輩Yさんと、桜の名所「上野公園」に行った。
19種類もの品種、1,200本を超える木で賑わう園内。

みんな、やっぱり桜大好きだと思うけど、私も例外にアラず。

この日は満開の日の翌日だったみたいで、園内は大にぎわい。
ちょっと曇り空だったのが残念だけど、仲良しの先輩とこんなスゴい
景色見れたので、私は幸せモノ(^^)
Y先輩、楽しかったですね☆

龍東 was born !

I heard a very happy news !

My friend who have studied English in same class for about 2 years, Mr& Mrs O have a baby !

The baby's father,Mr M has been absent English class for a while.
But, he showed up today first time in a month.

Baby was born in 11th March.
They named their child " 龍東 (Ryuto)".

Mr M told us " 龍 means of couse "dragon", and 東 means happy direction of dragon in Chinese 風水."

It's a fantastic name,isn't it?

the baby looks like his father according to a picture which was in his farther's mobile phone.

Wow, I'm looking forward to see him!

18年。(18years)

Sさんと初めて出会ったのは、私がまだ大学生だった頃。

当時、司会のバイトをしていた池袋のカラオケ屋でのバイト仲間として出会った。
今はもうそんなコンセプトの店はあり得ないけど、当時はカラオケボックスも殆ど出来て無い頃だったから。

その店の近くに、バイト仲間でよく立ち寄っていたバーがあった。
店の名前は『YASUBEI』。池袋北口から、歩いて2、3分の所。
あの当時はバーボンが流行っていて、よく皆でボトル入れて飲んだなぁ。

誕生日祝いとして、Sさんが昔のバイト仲間を集めてくれて東口で食事をした。
解散した後、「2人でちょっと飲みますか?」という事になり、バイト先があった北口近辺を懐かしくさまよっている時、、、

「ねえ、もう『YASUBEI』は無くなったのかな?」
「えー、あったらビックリですよね!」

ところが、、、、私達の視界には、『YASUBEI』の看板が!

Yasubei私達がバイトをしていた店のオープンとほぼ同時に、18年前にオープンした店。なんと現在もあったのだ。

当時とは、エントランスの様子は若干違っているものの、一歩中に入ると、タイムスリップしたかの様に変わらない店内。

そして、懐かしい顔のマスターは、10年以上も経っているのに私たちの顔を覚えていてくれた!

「あの、○○でMCしてた方達ですよね。」


ほんと、すごい! Amazing !







Yasubei2
Sさんと私は迷わず、最初の1杯に「Four Roses」のロックを頼んだ。

なつかしー(涙)バーボンってこんな味だったっけ?

わさび味のクラッカーのツンとくる感触もあるのか、目に涙が浮かびそうになる(笑)

マスターとは、当時の懐かしい話題に花が咲いた。
「あの頃は、ホントバブリーでしたよねぇ」


18年間という長い時間の中で、私達がバイトをしていた大手の飲食店チェーンの系列店は、ほぼ姿を見る事は無くなってしまった。
そんな厳しい時代を超えて、当時よりも更にお店を発展させて来たマスターに敬意を抱く。

マッカランもヘネシーも美味しかったです。又美味しいお酒と楽しい話を楽しみに伺いますね。

それと、Sさん、すっかりご馳走になりました☆深夜までお付き合い下さって、有り難うございました(^^)


I met Mrs.S for first time when I was a university student.
We worked together as MC at KARAOKE restaurant in Ikebukuro.
These days, we can never see such type of restaurant,but there were rarely "KARAOKE BOX" in those days.

And there was a bar close to the KARAOKE restaurant .
The bar's name is "YASUBEI" and we used to drop by there.
It located at nearby Ikebukuro Station.
I remembered that we used to drink bourbon whiskey.
It was very popular in those days.

Mrs.S asked our ex-colleagues to come and celebrate my birthday.
And we enjoyed dinner together in east area of Ikebukuro.
Mrs.S and I decided to go another bar after dinner.

When we were wandering in north area of Ikebukuro where there was the KARAOKE restaurant....

Mrs.S: "Do you know whether "YASUBEI" is still open or closed?"
Me:"Wow! I think "YASUBEI" must had discontinued their business !
If there is still it , we must be surprised!"

But.....
We saw the sign of "YASUBEI"!
Big surprise!

There is still "YASUBEI" which started its business 18 years ago
-It's approximately the same time when the restaurant at which we worked opened-

Some states of the entrance were different compareing it in those days, but inside interior has not changed at all whether I skidded in time.
And the master with a good smile remembered our face although we hadn't met more than ten years.

"You were MC girls at the ○○restaurant ,weren't you?"

So,amazing! I couldn't believe it!

First , Mrs.S and I ordered on the rocks of "Four Roses" without question.

I missed it!
Was bourbon such a taste ?

Was I stimulated by wasabi taste cracker ?
I was about to have tears in my eyes.

We enjoyed good old topics in those days with the master.
"The economy in those days was really in good shape wasn't it?

In long time of 18 years, the major restaurant chain that we worked at has disappeared and we can see their restaurant rarely now.

I show respect for the master who have gotten over such severe times and developed the bar more from those days .

Both McCarran and Hennessy were very delicious.
I'll drop by "YASUBEI" to enjoy drinking and nice conversation again.
In addition, I was completely entertained until the middle of the night by Mrs.S.
Thank you so much!


Sさんからの贈り物 (Two gifts from Mrs.S)

18年来の大事な友人でもあり、現在のビジネスパートナーのSさん。
会社員という立場ではなくなり、フリーで仕事をする様になってから、Sさんは私の最大のパートナーであり、そして今でも大きな心の支えである。

先月、彼女が私の誕生日を祝ってくれる、と誘ってくれた。
誕生日を祝ってくれる事も楽しみだったけど、さらに楽しみにしていた事があった。
最近彼女が手にいれた車、Merceds-Benz CLK cabrioletを見せてもらう事。

ビジネス展開に尽力し、その業績の証として車を手にいれる事がSさんが最初に掲げた目標のひとつだった。

「来年の貴方の誕生日までには、絶対車手に入れてお祝いにかけつけるからね。」

Sさんの決断力、実行力はすごい。ホントに私の誕生日に間に合う様に業績をあげ、CLK cabrioletを手に入れた。(ゲレンデは次ですね!Sさん^^)

「だって、今年のお誕生日は車見せるって約束したじゃない」

最高の友情でもあり、最高のパートナーシップ。
この言葉にすごく感激し、恐らく初めてSさんの前で泣いてしまった。

06-03-30_11-441.jpg二人で、都内某所をちょっとだけドライブ。
都内は高級車が多いけど、流石に女性二人でオープンカーに乗って走ってる光景は珍しい。
サングラスをして左ハンドルを握ってるSさんは、最高にカッコいい?。

ring




ドライブの他に、とても可愛い指輪をプレゼントしてもらった。

ホントに有り難うございました♪
これからも出来る限りの事をサポートしていきますね☆

















Since I quit working as a company employee and started to work as self-employer ,Mrs.S has been my most important business partner and also been best friend for 18 years.
And last month , she told me " I'll have your birthday party. "

I had been looking forward to seeing her new car,Merceds-Benz CLK cabriolet (see the picture) that she got in Feb as well as birthday party.

First target in her business was to get a attractive luxury car as the proof of achievement.
"I promise . I'll get a new car and show you it on your next birthday."

Her decision and acting power was so marvelous.

She achieved remarkable performance by my latest birthday and got CLK cabriolet as the promise. !
"I promised you that I was going to show you the car on your birthday, didn't I ?"

This achievement was the best friendship and also was the best business partnership.
Her words touched me and I was so moved. When I heard these words I cried in front of her for the first time.

We drove Tokyo on my birthday.
We can see often luxury car in Tokyo, but we can see rarely two women driving the luxury car.

Mrs S wearing sunglasses and grasping the steering wheel in the left side was so cool !
To my joy, she gave me a very cute ring as a birthday present.(see the picture)


Thank you so much, Mrs S.
I'll support you all the time from now on.

My 四天王 その壱 Jude Law

私には、愛してやまない俳優「四天王」がいる。
プライベートで、特別外国人男性が好きという訳ではないが(笑)四天王俳優はかなり好きだ!

てな訳で、My 四天王シリーズ第1弾!ジュード・ロウについて。。。。

彼の映画を初めて観たのは結構遅く、実は「A.I」のジゴロロボットの役の時だった。

なんて綺麗な顔をした人なんだろーってミョーに感動した。

その後、「リプリー」を観た。

げー、感嘆符しか出てこない!「超遊び人ボンボン役」がハマリすぎ!何しろカッコいいのだよー。

それから、彼の出演作品は、初期の「プラトニック・ゲーム」を除いて殆ど観まくった。初期の頃は「ゲイ」の役が多かったんだよねー。まぁ、あの美しい顔なら仕方ないのかなぁ。

そして、、、やっぱ最近の彼の出演作ではこれが一番好き!

英国人ジュード・ロウの、英国人ならではの魅力も詰まってるし、なにより「カッコいい人しかやってはならない役」に見事にハマってると思った。

アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション
チャールズ・シャイア、ジュード・ロウ 他 (2006/09/08)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


「アルフィー」(2004/米)

主人公アルフィー(ジュード・ロウ)の、「一人カメラ目線語り」がかなり滑稽。
イギリスからマンハッタンに出て来て、リムジンの運転手をしながら複数の女性との恋愛を並行してる、所謂「プレイボーイ(死語?)」。
女性達、皆をそれなりに楽しませてるんだけど、誰に対しても本気で向き合っていない。だから、結局女性達は最後は彼を選ばない。
徐々に自分の恋愛に疑問を感じたり、孤独感に苛まれ変化していくアルフィーの心模様が、意外と素直で泣けて来る。

並行恋愛してる、自称モテモテ兄さん達にぜひ観てもらいたい作品!

オリジナルのマイケル・ケイン版も観よーっと。

誕生日にもらったもの

先週は私の3×回めの誕生日だった。

友達にパーティー開いてもらったり、プレゼントもらったり、
それなりに充実した誕生日だったけど、、、、


誕生日数日前に、「ものもらい」にかかってしまった(号泣)
「ものもらい」って、何で「ものもらい」って言うんでしょ?
知ってる人いたら教えて?。

痛い、かゆーい。
数日忙しかったので、今日慌てて病院に行った。
処方箋の年齢の欄を観て、1個数字が増えていた事にますますショック
を受けて帰って来たのでした。。。。

06-04-01_20-15.jpg

すーろぐ第1回

私心、私信のブログでーす。

これは!と思った映画・音楽の事、そして英語学習の事等々書き込んで行く予定です。

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Rakuten
Owner's Profile

やすよん

Author:やすよん
辛苦了!
我奋斗英语传译~

Recent Comments
Recent Post
Categories
Monthly Archive
My Photo Batch

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from ultra-sue. Make your own badge here.

i tunes store
Shinobi

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

Google
Add to Google
Link