FC2ブログ

「のサマンサ」が遊びに来てくれた(^^) (My friend came to see me at my home.)

特に予定の無かった昨日、日曜日。
朝、しばらく会っていなかった後輩「のサマンサ」から電話をもらった!

「お久しぶりでーす!今日何か予定ありますか?近くまで行くので、会いませんか?」

思いがけない電話にすごく嬉しくなって、ここの所散らかし放題だった我が家を速攻で掃除♪

のサマンサ(人物の名前っぽくないけど、笑)とはもう10年以上の付き合いになる。

彼女は、私が以前勤務していた会社での後輩。
私が東京からこの土地に転勤して来た11年前の年末に初めて彼女と出会った。

初めての転勤、しかも昇格で不安だらけだった私を、当時新入社員だった彼女は明るく元気に出迎えてくれ、私が持っていた大きな旅行バックを「私、持ちます!!」なんて言ってくれ、なんて気遣いのある子なんだろうとすごく感激した。(自分で持ちましたよ、ちゃんと。笑)
初めて会った夜、上司が一足先に帰った後も夜中までカラオケして付き合ってくれ、私の緊張を解いてくれた事はすごく有り難かった思い出として残っている。

それから彼女が退職するまで5年近く一緒に働いた。


のサマンサは仕事が出来る子で、私をいつも支えてくれていた。
彼女の活躍で、何度か新製品実績で全国No1シェアを獲る事が出来たし、とにかく居ないと困る存在だった。

仕事の事で、明け方近くまでお互いの感情をぶつけながら飲み屋で議論した事もあったけど、(懐かしいね?、のサマンサ!)本音で私にぶつかって来てくれた後輩は、彼女しか居なかった様に思う。

思い出すと、二人で飲んだくれてた思い出ばっかり(笑)
会社のビルのある通りに「チート」(赤羽「いこい」のガツみたいな)っていう妙チクリンなつまみを出す居酒屋(注:オヤジ客しかいない)があって、よくそこで飲んでたなー(><)私が結婚するまでは、週の半分は彼女と飲みに行ってたかも知れない。

当時会社で「オヤジレンジャー」っていう5人組を結成していて、のサマンサがモモレンジャー、私がキレンジャー、あとの3人は正真正銘のオヤジだった(涙)
仕方ない、ライフスタイルはほぼオヤジだったから。

その彼女とも、私が会社を退職した後に又お付き合いが復活!
今の私の仕事にも協力をしてくれている。

月日が経ち、昔は「オヤジレンジャー」だった彼女も(ごめん、笑)幸せな結婚をして2児のママになった。

ここ数ヶ月ご無沙汰をしてしまっていたが、昨日彼女から思いがけず会いに来てくれた。
彼女の可愛い息子達と一緒に。

朗らかなお母さんに愛情豊かに育ててもらっているからだろう、彼女の子供はホントに笑顔でいっぱい。人見知りしない。(1才5ヶ月と3ヶ月)
ストレンジャーなおばさん(私)に抱っこされても、たまらなく可愛い笑顔で微笑んでくれる。

そして、毎日育児で大変なはずなのに、彼女の表情は10年前と変わらず、明るく輝いている。

改めて彼女の幸せを再確認して、言葉にならない位嬉しかった。

昨日はホントに、いい一日だった。。。




I did not have any plan yesterday,but I caught a phone call from "No-samantha"who is ex-co-worker,and I have not seen her for a while.

"Hi,long time no see! Do you have free time today? I am to go nearby your house today.Can I see you?"

I was so pleased to catch this call I did not expected that I cleaned up my home where is always in an awful mess.

I have gotten along with "No-samantha";(This name is too funny to recognize as a name.) for over 10years.

She was my subordinate at a company where we used to work together.

I met her when I transfered to this town from Tokyo ,11years ago for the first time.

It was my first transfer,in addition it was my first getting promotion,so I was quite nervous.
But,she,who was a new emproyee at that time, welcomed me cheerfully.
And I was moved by her kindness. She offered me her help to carry my big luggage.
(I carried by myself!)

After our boss went home,she spent time with me singing KARAOKE,untill midnight,she eased my tension.
That was my special memory.

Then,we worked together for about 5years till she quit the company.


No-Samanthais very competent at her work,she has been supported me all the time.

We got No1 share in sales of new products thanks to her activity,anyway,If she had not supported me,I would have been at a loss.


We have a memory that we argued emotionally over work at an IZAKAYA till dawn.(We can look back on it with nostalgia,can't we? No-samantha!)
I guess she was an only subordinate who faced me honestly.

I remember there were a lot of memories that we always we went drinking.
There was a IZAKAYA where they serve strange dish called "CHEAT",and every time congested with many male office workers.
We used to drank at there.
I maybe went drinking with her half a week till I got married.


At that time,we formed group called"OYAJI-Ranger"(means like a "Middle-aged group"at our office.
No-samanthawas called "Momo-ranger"(means "Pink-ranger"),and I was called "Ki-Ranger"(means"Yellow-Ranger"),other 3 person left were true "OYAJI"(means middle-aged men).

That could not be helped,because our life-style was completly simmilar to "OYAJI".

We had not seen eachother,but we started to keep in touch again when I also quit the company.
Then she has cooperated with me in my work.

In several years,she,who was a member of "OYAJI-Ranger", got married and gave birth to 2 boy.

I want to excuse for my long silence,but she came to see me unexpectedly yesterday.
With her cute babys.

They always have smile,and they are not shy.
Why?
I guess they have been bringen up by cheerful mother filled with love.(1year 5month and 3month babies)
They kept smile even though,they were held in stranger woman( like me)'s arm.

Although,No-samanthamust have been devoting herself to the care of her children,her cheerful smile has not changed compared with 10 years ago.

I found her happiness once again,so I nearly wept for joy.

Yesterday was quite a good day for me...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨日は、、、

ありがとうございました。
久しぶりにお会いできて、本当楽しかったです。
子どもも楽しくて興奮していました。
また遊んでやってくださいね。

しかし、、、オヤジレンジャー、懐かしすぎます!
まさしくオヤジな生活でした。
会社の前にあった某焼き鳥屋の暖簾をくぐると、
「お帰りなさい」なんて声をかけられてました。
奥の部屋に通されると朝までコースでかなり危険でしたね。

そして、チート、おいしかったですよねぇ。
あれをつまみつつ、酒を呑む、、、。
仕事の疲れを癒す最高の時間でした。
チャンジャを食べるとチートを思い出し、
あの頃の記憶がよみがえります。
クラブ松本支店もなかなかよかったですよね。

のサマンサ♪

ようこそ、おいで下さいました(^^)

昨日は楽しい時間をホントに有り難う!
この記事を書いていて、この土地に来てからの10年間の思い出が走馬灯状態でかけめぐりましたよ(笑)

「○吉」の奥の座敷はホントにヤバかったねー(滝笑)
あそこはまさに「トワイライトゾーン」だったね(爆笑)

チートって検索しても一つもひっかからない。あれは一体何語なんだろ?

クラブ松本支店、いつかやろうね(謎)
のサマンサはチーママ、私は予定通り裏で焼きそば作って、
たまにツケを払わない客がいると出てくる「大ママ」になりたいです(笑)

お会いしたい

「のサマンサ」さんはやすよんさんにとって可愛い妹分のような方なのですね。
うらやましいです。
やすよんさんのご友人なら相当楽しい方に違いありません。
今のお仕事にも協力されているということはボクも
「のサマンサ」さんとお会いできる機会があるかもしれませんねwww

らぱちんさん♪

そーなんです(^^)
ホントに魅力的で面白い人なんですよん!
ずっとこうやって付き合いが続いている事も幸せな事ですよね。

今は子育てで忙しい毎日の彼女ですが、ご一緒して頂ける機会は来ると思います♪
その時はやすよん含め、宜しくお願い致しまする(笑)
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Rakuten
Owner's Profile

やすよん

Author:やすよん
辛苦了!
我奋斗英语传译~

Recent Comments
Recent Post
Categories
Monthly Archive
My Photo Batch

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from ultra-sue. Make your own badge here.

i tunes store
Shinobi

ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告

Google
Add to Google
Link